健康サロン「ふっぴ~Cafe」の開催 (毎月第3火曜日14:00~16:00 事務所にて)

他のイベント等でサロンがお休みの場合もございます。お越しの際は必ず事前に下記へお問い合わせ下さい。
                   福岡市東区三苫1-16-15-101    090-4156-8686  宮部まで

「誰でも気軽に寄れる健康サロン」を目的とし、定期的(毎月第3火曜日14:00~16:00)にOPENしています。
(イベントの都合等でOPENしていない日もありますので必ずご確認下さい090-4156-8686)
普通のアパートの一室ですが駐車場も有ります。
ただふらぁ~っと遊びに来てくださるだけでも大歓迎です。

「コーヒー飲みたい!」
「ちょっと聞いてよぉ~」
「暇だなぁ~」
「タオル帽子作りたい!」
などなどお気軽にどうぞ。

今後も様々な企画なども考えています(懇談会・講演会・勉強会・教室etc)

他では語れないことを「ふっぴ~Cafe」でみんなで語ろうや~!


実は・・・
この「ふっぴ~Cafe」発起人の1人でもありますむらちゃんこと「村本絹枝さん」が2012年9月に亡くなられました。

彼女は2001年に乳がんになり、再発・転移を繰り返しながらも、がん啓発や患者支援の活動に一生懸命に毎日前向きに生きていました。

 

彼女の想いをここに書きます。

「がんは人や年齢・性別を選びません。誰がいつになってもおかしくない病気です。私は、命に対して無知で無関心だった自分が悔しくてたまらない!!だからこそ!早期発見・早期治療の大切さを知ってもらい、がんになってもあきらめない気持ちと「自分は1人じゃないんだ!支えて、より添って、思ってくれる人がいるんだ!」と云う事に気付いてもらいたい!がんは・・・人を死と直面させる。命の尊さを教えてくれる。人の生き方を考え直すチャンスをくれる。人生で本当にしたかった事は何だったかを気付かせてくれる。人が生きるのに不可欠なものは「希望」だと囁きつづける。
私が乳がん患者になって、読んだ本の一説です。がん経験者には、決して諦めない不屈の心と明日への希望を!経験者でない人には、がん患者への理解と協力をお願いしたい。私たちサバイバーの今在るのは、皆さんの支えあっての事です。この輪をもっともっと確実に、熱いものにしていきましょう!」

 

彼女の想いを少しでもいいから残して生きたい。

これからも私達の活動をあたたかく見守って頂けたら幸いです。 

キャンサーサポートのイベントのお知らせ、サロンのお知らせは「今後の予定」にてご確認下さい。










アパートの一部屋を事務所として使っています。

たまにお仕事をお手伝いしていただくかもですが

お気軽に遊びに来て下さいね。

今までの活動内容

●演奏会

●緩和ケア認定看護師さんによる講演会

●ドクターによる講演会

●X'mas会

●食育についての講演会

●ハンドケアマッサージ

●音楽祭!
●タオル帽子作り

●キャンサーギフト出前講座

 

などなど

☆名前の由来

「ふっぴ~」

ふくおか(福岡)の「ふ」こうふく(幸福)の「ふ」

ハッピー(happy)の「ぴ~」
みんなを笑顔にするがん啓発イメージキャラクターです。 

NPO法人キャンサーサポート  Mobile:090-4156-8686    
          Mail:cansupo@psc.bbiq.jp 〒811-0201 福岡県福岡市東区三苫1丁目16番15-101号
©NPO法人キャンサーサポートAll Rights Reserved.
当サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます