~未来ある子ども達に伝えたい「いのちのメッセージ」がん教育プロジェクト~


がん対策推進基本計画(厚労省)が見直され、「がんの教育・啓発と題し、子どもに対するがん教育のあり方を検討し、健康教育の中でがん教育を推進する。」とある。

文部科学省でもこれをふまえ、がん教育の充実が必要と判断し、2014年度からモデル校で先進的な授業を実施し、子どもたちへのがんに関する保健教育を強化する方針を決定。実際既に、各地でがん患者による「がん教育」が実践されている。これからもっともっとがん罹患率は高くなり、がんになった時の心の準備が必要である。

 

今「がん」は国民の2人に1人が罹患する疾患であるにもかかわらず、健康な時からがんについて学ぼうという意識は低い。

 

がん=死亡」「がん療養=制限の多い生活」などマイナスなイメージの認識を変えていく地域活動(教育)が必要であると考えている。

正しい知識がないことが、小児がん患者を含むがん患者に対する偏見や差別につながり、それが患者・家族の精神的苦痛や、社会的苦痛を生む恐れも考えられる

 

今の子どもたちは、死が身近になく、死の捉え方も個人で大きく違う。死について、人として生まれたからには必ず死が訪れる。しかし、それまでは「1 1 日を大切に生きる」という教育が必要である。

 

 そこで福岡では、平成25年に“未来ある子ども達へ伝えたい「いのちのホームルーム」プロジェクト“を立ち上げ、各学校(小・中・高)に出向いて「正しいがんの知識」だけでなく「いのちの大切さ」を伝えています。今までに総勢13,524名の子ども達に伝えてきました。(平成29年3月末日現在)

「いのちのホームルーム」とは

小・中・高校と学校に出向いて、教室単位で授業を行います。
医療者が「正しいがんの知識」を伝え、がん経験者が経験談を語り、いのちの大切さを伝えます。
時間や内容、費用等については学校側の要望にお応えします。
お気軽にご相談下さい。
お問い合わせフォームはこちら

授業後、子ども達から頂いた感想文の一部

 

・ぼくはいままでみらいのゆめが決まりませんでしたが、今日の話を聞いておいしゃさんになろうと思いました。

もし、家族が「がん」になったら、家の仕事をしたり、ひとりではできないようなことをしてあげたい。

・1
1日を大切に生きたいです。

私は死にたいとおもったことがありました。逆に死んでほしいとおもった事もありました
これからは、「死ぬ」なんて考えません。今もがんとたたかっている人がいると思うとつらい事ものりきれると思います。

毎日ふつうに健康に生きていることが、とても幸せだということがよく分かった。
家族ががんになったらとても悲しいです家族ががんになったらがんの家族と向き合いたいと思いました。そして「治りますように」とずっと祈ってあげたいと思いました。

 

・私のおばあちゃんはがんで死んでしまいました。この授業をもっと早くに受けていれば、おばあちゃんが死なずにすんだのかもしれないと思いました。

 

・お家に帰ってお父さんお母さんにすぐ話をして会社に行って他の人に話をしてもらうようお願いします。

・がんになったら元気にならないと思っていたけど、元気になる人もいると知ってビックリしました。もしがんになったり、なった人がいたら元気で笑顔を忘れずにいたいです。

・がんは早くみつける為に大人になったら検診を受けようと思いました

 

・もし友達や大切な人ががんになっても「前向きに生きろ!」と支えてあげたいです。

・生きることの大切さを周りの人たちに伝えたいです。

・TVを見ていてがんは絶対治らない病気だと思っていました。元気になった人もたくさんいることを知りました。

・入院しているおじいちゃんになかなか会いに行けなかったけどすぐ会いに行こうと思いました。

・お父さんにたばこは止めて欲しいって言ってみたいと思います。

 

・実際いじめにあって死のうと思ったことがあったけどもう二度と思ったりしません。

実際の授業風景