※大切なお知らせ※
 NPO法人キャンサーサポートのメールアドレスが変更になりました。
 お手数お掛けしますがよろしくお願いします。

 

変更前 cansupo@psc.bbiq.jp

 

変更後 cancersupo@gmail.com(新しいアドレスです)

NPO法人キャンサーサポートの活動

 

★~未来ある子ども達に伝えたい「いのちのメッセージ」がん教育プロジェクト~

 ・「いのちのホームルーム」  

    がん経験者が医療従事者と一緒に小学校・中学校・高校を訪問して、各クラス毎

    子ども達に「生きる」メッセージを伝えています。

 ・「キャンサーギフト(がんからの贈り物)出前講座」

    学校や企業、地域へ出向き、トークショーなどを講演会形式で行う出前講座。

 

★がんサロン

  心身ともに健康に生きていく為に、不安や悩みなどを語り合う場所の提供。

  九州医療センターにて3か月に1度第3木曜日 「がんを語る会」を開催。

  東医療センターにて毎月第2水曜日 「がんサロンひまわり」を開催。

 

★「リレー・フォー・ライフ・ジャパン福岡」との連携・支援

  「がんに負けない社会」を実現するためのチャリティーイベントを実行委員会と連携し、

        支援を継続的に行う。

 

★がん検診推進の為の様々な啓発活動

      いろいろなイベントへの出店 

  様々な場所での講演会や講座等の開催 など 

 

今、2人に1人が「がん」になり、3人に1人が「がん」で亡くなる時代です。未来のある小さな子どもたちもがんと闘っています。
自分が「がん」だと人に言うことの出来ない日本の環境。そして相談も出来ずに1人悩むだけのがん患者が多いということの実感。
「キャンサポ」は、がん患者や家族の心のケア・遺族のグリーフケア(1)を目的とし、“生きる希望や勇気”につながって欲しいと願っています。

また、がんは早期発見出来れば全く怖くない病気であるということを訴え、伝え、「がん=不幸なんかじゃない!」命の大切さ””早期発見・予防の大切さを地域一丸となって社会に訴え、一緒に歩いて生()きましょう!

 

<目的>
一般市民を対象とし、全てのがん患者、そのご家族並びに支援者の心も身体も健康に生きていく為に総意を集約し、共通の目標を掲げ、情報交換の場を創出し、 これにともなう必要な事項を支援、また、がん検診などに関する啓発活動をあらゆる世代の方を対象に行い、地域一体となって保健、医療又は福祉の増進を図 り、広く公益に貢献することを目的とする。

<特定非営利活動の種類>
目的を達成する為、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。
  
(1)保健、医療又は福祉の増進を図る活動

(2)社会教育の推進を図る活動

(3)子どもの健全育成を図る活動

<事業>

 

  • がん患者及びご家族の心身ケア事業
  • グリーフケア事業(※1)
  • がんに関する啓発事業
  • 子ども達へのがん教育事業
  • がん啓発グッズ販売事業
  • がんに関するイベントの企画・運営事業

 

 

1 グリーフケアとは

「グリーフ」は悲嘆という意味で、親、配偶者、子ども、友人など大切な人を亡くした人がその悲嘆を乗り越えようとする心の努力、死別に伴う苦痛や環境変化などを受け入れようとすることを「グリーフワーク」と言い、これを支援するのが『グリーフケア』です。